様々な薄毛治療方法
目次

女性の薄毛にはどう対応する?

長い髪を梳かしている女性

薄毛は男性だけの悩みではありません。実はひどい抜け毛や薄毛に悩む女性は数多くいます。
薄毛の度合いが軽度の場合は、髪型を変えたり帽子をかぶったりしてごまかしたりすることもできますが、それでは根本的な改善にならず、どんどんひどくなる可能性もあります。
女性の薄毛には複数の種類があり、原因が異なりますので、まずは種類と薄毛の原因を知って、それに応じた対応をしましょう。

女性の薄毛には、びまん性脱毛症・分娩後脱毛症・牽引性脱毛症、脂漏性脱毛症などがあります。
このうち分娩後に起こる脱毛は産後のホルモンバランスの乱れが原因ですので、1年程度で自然に治まります。
また牽引性は、いつもポニーテールにしているなど常に引っ張られる状態になることが原因で起こります。
髪に負担がかかり続けることで毛が抜けて薄くなるので、髪型を変えることで改善する見込みがあります。

分娩後脱毛や牽引性脱毛以外は、病院で適切な治療を受けることが改善への近道となります。
脂漏性のケースは、頭皮に皮脂が過剰に分泌されることが原因で起こります。
過剰な皮脂が毛穴につまったり、マラセチア菌という常在菌が皮脂をエサとして繁殖したりして頭皮に炎症を起こし、その炎症によって髪が抜けてしまうのです。
肌に合ったシャンプーを使って皮脂をすっきり取り除き、場合に応じて抗真菌薬も使うなどして、まずは脂漏性皮膚炎を直すことが大切です。

びまん性脱毛症のびまんとは医療用語で全体に広がるという意味を持ちます。
局所的に毛が抜けて薄くなるのではなく、頭皮全体に髪が細く痩せてボリュームが減っていくため、このような言い方をしています。
びまん性も厳密にはいくつかに分類されますが、とくに多いのがFAGAです。

これは男性の脱毛症であるAGAの女性版で、男性ホルモンが原因となって起こります。
加齢やストレス、睡眠不足などによって女性ホルモンが減ると、男性ホルモンの影響が大きくなります。
男性ホルモンは髪を作る働きを止める作用があるために、髪が健やかにしっかり成長しなくなり、髪が薄くなっていくというのが、FAGAの起こるメカニズムです。
生活習慣や食生活を見直し、頭皮環境を整えることである程度の改善は期待できますが、即効性は期待できません。
皮膚科などの医師に相談しましょう。

即効性の高い対処法

男性のAGAの治療法で有名なのが、フィナステリドの服用です。
フィナステリドには、毛母細胞に入り込んで発毛の邪魔をするジヒドロテストステロンを抑制する効果があります。
しかし、女性のFAGAにはフィナステリドはあまり効果がないと言われています。
FAGAの場合、脱毛のメカニズムは男性と同じですが、量が減っただけで女性ホルモンの分泌自体は行われているためです。

クリニックで女性の薄毛の治療法としてよく使われているのはパントガールです。
パントガールは世界的に女性の薄毛治療に効果が認められている内服薬です。
L-シスチンやケラチン、薬用酵母、パントテン酸カルシウムなど発毛と髪の発育に欠かせない栄養素をふくみ、身体内部から発毛しやすい環境を整えて、薄毛の悩みを解消します。

パントガールは3か月程度の服用を続けることで効果が出てくると言われています。
これは、パントガールが、毛乳頭に栄養素を届け、頭皮のターンオーバーを活性化させて、乱れた毛周期を整えることで発毛を促進させるものであるためです。
毛周期を整えるのには最低3カ月程度が必要です。

薬だけに頼っても、生活態度や頭皮環境の改善無しに薄毛改善の効果を得ることは難しいでしょう。
ホルモンバランスを整えることが大切です。
充分な睡眠をとって適度な運動を行うなど、生活習慣を改善するほか、髪に良い栄養を含む食事をとることも意味があります。

髪の発育のためには、特にたんぱく質や亜鉛、ビタミンB群、ビタミンA等の摂取がおすすめです。
頭皮環境の改善には、紫外線対策をとったり、低刺激なシャンプーを使ったりといったことも有効です。
こういった基本的な対処は、即効性が感じられなくても根気強く続けることが大切です。