様々な薄毛治療方法
目次

老人性脱毛症について整理!

ふさふさとボリュームがある髪の毛は若々しさがあり、年齢が高くなっても髪の毛のボリュームがあると年齢よりも若くはつらつとして見えます。
多くの人が悩まされている脱毛症の中には、加齢によっておこる老人性脱毛症と呼ばれているものがあります。
老人性脱毛症の原因や症状について整理してみるので、年齢とともに抜け毛が増えたり、薄毛が気になったりしている人は参考にしてください。

老人性脱毛症は、加齢の影響で抜け毛が増える脱毛症で、年齢を重ねて細胞の新陳代謝が悪くなることが原因と言われています。
細胞が老化して新しい細胞を作り出すことができなくなったことにより、抜け毛が増えると考えられています。
年齢とともに抜け毛が増えたと感じている人は老人性脱毛症の可能性があるということになります。

老人性脱毛症は、年齢とともに抜け毛が増えることが特徴ですが、年を取るとともに抜け毛が増えた人が老人性脱毛症とは限りません。
脱毛症には様々な種類があり、症状をよく確認して見極めることが必要です。
老人性脱毛症では、頭部の決まった場所が薄くなるというわけではなく、全体的に髪の毛が薄くなってくることが特徴です。
髪の毛だけでなく、体毛が薄くなることも特徴で足や腕、脇や陰部の毛も薄くなってきている場合には老人性脱毛症の可能性が高くなります。

男性型脱毛症とは異なり、性別にかかわらず薄毛の症状が出るため、女性でも老人性脱毛症になります。
60代以降に多く、性別に関係なく髪の毛が薄くなってくるのですが、個人差があるため50代の人でも老人性脱毛症になることがあります。
頭部の血管が透けて見えるという特徴もあるので、頭皮を見てみると判別がつきやすくなると言われています。
老人性脱毛症を整理すると、男性でも女性でも個人差はありますが60歳以降に、抜け毛が増えてきて薄くなり、頭皮の血管が透けて見えたり、体毛全体が薄くなってきたりしている場合に老人性脱毛症の可能性が高い、ということになります。

老人性脱毛症を治療する?

60代以降に髪の毛のボリュームが年齢とともに少なくなり、薄毛が気になるようになったという人の中で、体毛が薄くなったり、頭皮の血管が透けて見えたりするという症状がある場合には、老人性脱毛症の可能性が高いです。
老人性脱毛症は男性でも女性でもなることが特徴です。
加齢のために体内機能が低下し、新しい細胞を作り出しにくくなっていることが原因で、男性型薄毛のように治療法が確立されているということはなく、有効な治療法はほとんどないと言われています。

老人性脱毛症は、老化現象のひとつなので、治療をすることは難しいのですが、生活習慣を改善して老化のスピードを遅らせることが有効な対策になると考えられています。
栄養バランスが良い食事を規則正しく食べることで体内機能が正常に近づき、若々しさを保つことにつながります。
髪の毛の主な材料になるたんぱく質や髪の毛の成長に欠かせない亜鉛、頭皮の血行を促進して髪の毛の成長に必要な栄養を届けやすくするビタミンEなどを積極的にとることがおすすめです。

また、睡眠不足や喫煙習慣は、血行を悪くして髪の毛の成長を妨げる原因になるので、十分な睡眠をとり、禁煙をすることも老人性脱毛症の対策のポイントになります。
自律神経のバランスが乱れる原因になるストレスをためないように適度に体を動かしたり、趣味に没頭するなど、活動的な生活を送ったりすることや旅行に行っておいしい物を食べるなど、気持ちが豊かになるイベントを持つこともおすすめです。
老人性脱毛症を改善するためには、健康的で楽しい毎日を送り、若々しさを保つことが対策ということができます。
しかし気になる場合には皮膚科などの専門の病院で医師に相談してみることをおすすめします。