様々な薄毛治療方法
目次

頭皮湿疹が発生した?

身体のほかの部位と同じように、頭皮にも湿疹ができることがあります。
頭皮湿疹は、脂漏性皮膚炎・接触性皮膚炎・アトピー性皮膚炎・皮脂欠乏性皮膚炎など、いくつも種類があり、それぞれ特徴や原因、対処法が異なります。
頭皮湿疹が発生してしまってから治すより、予防するほうが簡単ですので、それぞれの種類に応じて適切な予防対策をとりましょう。

脂漏性皮膚炎は、頭皮の皮脂がなんらかの原因で過剰になり、毛穴が皮脂詰まりをおこしたり、皮脂を好物とするマラセチア菌などの雑菌が繁殖したりすることで起こります。
皮脂が過剰な状態になるのは、脂質や糖質ばかりとる食生活を続けることで皮脂量が増えてしまっていたり、古い皮脂をしっかり洗い流していなかったりすることなどが理由です。

接触性皮膚炎は、外部の物質との接触に過剰反応して起こるかぶれのことです。
頭皮が過敏に反応して起こります。
シャンプーやコンディショナー、白髪染めなどが原因となることもありますし、ヘアゴムやバレッタの金属などに反応することもあります。

アトピー性皮膚炎は、もともとアレルギー体質の人や、敏感肌の人がなりやすい皮膚炎です。
アレルギーの人や敏感肌の人の場合、もともと免疫機能が過敏に反応しやすい傾向があります。
そこでふつうは問題にならないような些細な刺激にも赤みやかぶれ、湿疹といった反応を示してしまいます。

皮脂欠乏性皮膚炎の特徴は、皮脂が不足していることが原因となって起こる疾患ということです。
皮脂は肌の水分が蒸発しないようにとじこめたり、紫外線から肌を守ったりする大切な働きがあり、一定量は肌にとって必要となります。
そこで、何らかの理由から皮脂が不足すると、水分が蒸発してしまい、肌がうすくひび割れたような乾燥した状態になるのです。
乾燥した肌はバリア機能が低下しますので、外部刺激に弱い状態となり、こすれなどでかゆみや頭皮湿疹が発生しやすくなります。
乾性フケなども発生します。

頭皮湿疹を予防するには?

それでは、頭皮湿疹を予防するにはどうすればよいでしょうか。
自宅で出来る対処法について見ていきましょう。

どの湿疹にも言えることですが、予防するには、頭皮を清潔に保ち、頭皮環境を整えることが大切です。
清潔に保つためには自宅での毎日の洗髪が欠かせませんが、洗浄力が強くて刺激になるシャンプーを使っていたり、1日に何度も洗ったり、熱いお湯を使ってすすぎを行っていたりする人は要注意です。
これらはすべて必要な皮脂までとりのぞく可能性があり、頭皮の乾燥を招きます。

また、危機感を覚えた頭皮が肌を保護するために皮脂を大量に分泌することもあります。
洗った時はすっきりしているのに、すぐに頭皮がべたつくという人は、これが原因の可能性があります。
低刺激で肌に優しいシャンプーを選び、すすぎのときはぬるめのお湯を使うようにしてください。
とくにオイリー肌の自覚がある人は気をつけましょう。

生活習慣や食生活の見直しも大切です。
睡眠をしっかりとって体調を整えると、免疫も正常に働きやすくなり、湿疹の予防につながります。
脂っこいものばかりの食事を摂っていたり、逆にダイエットで栄養が充分にとれていなかったりする食生活はよくありません。
良質なたんぱく質を中心に、バランスの取れた食事を摂るようにしましょう。

シャンプーを新しいものにかえたり、白髪染めを使ったりするときは、事前に目立たない部位にパッチテストをして、肌に刺激とならないかを確認するのがおすすめです。
とくにアレルギー体質の人や敏感肌の自覚がある人は、少しの刺激でも湿疹を起こしやすいので、面倒でもきちんとやるようにしたほうがいいでしょう。
また実際に使ってみて頭皮がピリピリしたり、かゆみを感じたりした場合は、その商品を使うのは中止してください。