様々な薄毛治療方法
目次

AGA(男性型脱毛症)の症状とは

頭皮

AGA(男性型脱毛症)の症状とは、髪の毛の脱毛が増え、髪の毛のコシも無くなり細くなって薄毛になってしまうことです。
ハゲかたとしては、額の生え際がM字を保ったまま、どんどん後退していく「M字ハゲ」と、頭頂部の髪の毛の密度が低くなってしまう「頭頂部ハゲ」があります。
ハゲかたは、普段生活している環境によって変わる場合もあります。
やはり、頭皮や髪の毛は清潔、通気性を保つのが一番ですが、仕事上、帽子やヘルメットなどを長時間被る人は、頭皮が蒸れることによって、皮脂や汚れの細菌が増殖し、髪の毛の成長に悪影響を与える原因になってしまう可能性があります。

AGA(男性型脱毛症)の初期症状としては、抜け毛の量が増えてきます。
人間の髪の毛は、普通に生活していても1日当たり約60~80本程度は自然に抜け落ちますが、抜け毛が1日100本以上みられる場合は注意が必要です。
しかし、季節の変わり目など、一時的に抜け毛の量が多くなることもありますので、限定した期間の抜け毛であれば、あまり心配することもないでしょう。
AGA(男性型脱毛症)の見分け方としては、やはり、毎日100本以上の抜け毛が継続してみられるということになります。
もう一つの見分け方としては、髪の毛の太さです。普通の人の髪の毛の太さは、約0.08~0.1mm程度ですが、AGA(男性型脱毛症)の人は、髪の毛の太さが約0.05mm以下と細くなってしまいます。
抜け毛の中に細い髪の毛がたくさんみられる場合は注意が必要です。

AGA(男性型脱毛症)の進行を早めてしまう原因の一つに血流不足があります。
髪の毛を成長させる成分は、血液によって毛根に運ばれます。血液の流れが滞れば、必然的に髪の毛の成長も弱まってしまうのです。
硬くなった頭皮を柔らかくするため、定期的にマッサージを行うように、その際には爪を立てて頭皮を傷つけないよう注意しましょう。
AGA(男性型脱毛症)の初期症状にも効果があります。

AGAの原因はヘアサイクルの乱れがほとんど

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが、髪の毛の成長を阻害することによっておきるのが原因です。
髪の毛には、日本語で「発毛周期」というヘアサイクルがあります。このヘアサイクルは、3つの期間を繰り返しています。

まず、髪の毛の毛根内にある毛母細胞が活発に分裂し、長く太く成長する期間を「成長期」と言います。
この期間は約7~9年ぐらい続くと言われています。
その後、毛母細胞の分裂が止まり、毛根がその場に留まっている期間を「退行期」と言います。
この期間は、約3~4ヵ月程度続くと言われています。
その後、頭皮内にあった毛根が、表面に移行して抜け落ちる期間を「休止期」と言います。
この期間は約3~4週間程度と言われています。そして、また毛母細胞が分裂を始める成長期に移っていきます。

このヘアサイクルが正常に行われている人は薄毛とは無関係と言っていいでしょう。
しかし、AGA(男性型脱毛症)の人は、成長期の期間が極端に短くなってしまうため、髪の毛が十分に長く太く成長する前に毛母細胞の活動が止まり、抜け落ちてしまうのです。
したがって、時間を追うごとに、髪の毛の密度がどんどん低くなって、頭皮が透けて見え、薄毛と言われる状態になってしまいます。

AGA(男性型脱毛症)は、一種の生理現象であるため、何も対策を行わずにいると、どんどん進行してしまいます。
現在では、医療機関を受診することによって、AGA(男性型脱毛症)の進行を予防することができるようになり、多くの男性が薄毛の改善に成功しています。
薄毛に対しては、より早い対応が重要となりますので、脱毛症状が気になる方は、一度医療機関を受診するのが良いでしょう。